Coincheck(コインチェック)を選ぶ6つのメリット





「なぜCoincheckがおすすめなのか?」

 

初めまして。
私はPHAGYという名前でNFT活動をしているフリーランスのグラフィックデザイナーです^^

 

この記事に辿り着いて頂きありがとうございます。私は今年の5月より暗号資産取引を始めました。主にNFTクリエイターとしての活動しています。

 

この記事では数ある暗号資産取引所の中から、Coincheckをオススメしたい6つのメリットをお伝えします。

 

 

メリット1:初心者でも使いやすい

 

Coincheckは、初心者でも使いやすい暗号資産取引所との高い評価を得ています。初心者でも使いやすい理由の1つは、チャート画面や取引画面が見やすいことでしょう。

以前より「日本で一番簡単にビットコイン(BTC)を買える取引所」を掲げていたこともあり、操作方法がわからないはじめての人でも容易に操作できるデザインになっています。

 

 

メリット2:取り扱い暗号資産の種類が多い

 

 

Coincheckは国内の取引所の中でも暗号資産の取り扱い種類が多いのが特徴です。

代表的なビットコイン(BTC)のほか、「ETH」「ETC」「LSK」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」「OMG」「PLT」「SAND」の17種類の暗号資産を取り扱っています。

 

 

メリット3:スマホアプリが便利

Coincheckは使いやすいスマホアプリを提供しています。アプリではチャートや時価評価額の確認だけでなく、日本円の入出金、暗号資産の購入や売却、受け取りと送金ができます。

スマホがあれば一通りCoincheckの機能を利用することができます。また、総資産画面やチャート画面が見やすく、ウィジェット機能やプッシュ通知機能があるため、いつでもどこでもタイミングを逃すことなく暗号資産の取引が可能な点も魅力となっています。

 


メリット4:最大年率5%の貸暗号資産サービス

 

Coincheckには保有している暗号資産を、Coincheckに貸し出すことのできる貸暗号資産サービスがあります。

貸暗号資産サービスでは、Coincheckにコインを預け、一定の期間が満了すると利用料が付いて戻ってきます。貸出期間は14日間、30日間、90日間、360日間の中から選ぶことができます。

貸暗号資産サービスで10種類の暗号資産を貸し出すことができ、4種類の貸出期間を選ぶことができるのは、日本国内の取引所ではCoincheckのみです。貸暗号資産サービスは、暗号資産の長期保有を考えているユーザーから選ばれているサービスです(2019年6月時点)。

 


メリット5:日本円から暗号資産を直接購入できる

 

取扱通貨のすべてを日本円から直接購入できるのは、Coincheckを利用するメリットの一つです。暗号資産の取引所の中には、暗号資産の種類によっては、ビットコイン(BTC)でしか購入できないこともあります。

例えばビットコイン(BTC)でしかアルトコインを購入できないと、日本円からビットコイン(BTC)を購入する際とビットコイン(BTC)からアルトコインに購入する際の2回手数料が発生し、必要のない取引手数料を払うことになってしまいます。

その点、Coincheckならすべての通貨を日本円あるいはビットコイン(BTC)で直接購入することができるため、手間を省いてすぐに購入できる使い勝手の良さがあります。

 

メリット6:電気代をお得にできる

 

Coincheckでんきには、電気代をビットコインで(BTC)支払うことのできる「ビットコイン決済」と、ビットコイン(BTC)をもらえる「ビットコイン付与」の2つのプランがあります。

ビットコイン決済プランは、既存の電力サービスより1〜7%電気料金がお得になり、ビットコイン付与プランは、電気料金の1〜7%がビットコイン(BTC)として貯まります。

そのためCoincheckでんきは、電気代をお得にできるサービスであるといえるでしょう。なお、Coincheckでんきの供給エリアは北陸、四国、沖縄、離島以外の日本全国で、供給エリアは順次拡大を続けています。

 

以上、Coincheckで暗号資産を始める6つのメリットでした。Coincheckの登録方法について詳しくはコチラの記事をご覧下さい^^

https://www.phagy.online/blogs/coincheck/start 

 

コインチェック