PHAGY(ファジー)の由来と想い



PHAGY(ファジー)

 

「NFT×FASHION×CREATIVE」をコンセプトに

日常と非日常が渦巻く枠に捉われないNFTプロジェクト

「PHAGY(ファジー)」を運営するグラフィックデザイナー。

 

反骨精神とひねくれた性格から癖の強いデザインや、独自の思いつきのマーケティングを武器に、NFTクリエイターとして活動を始める。

 

 

「PHAGY」はNFTを楽しむクリエイターとコレクターが、互いにリスペクトし合い、クリエイティブを通して繋がれる居心地の良いコミュニティを創ることを目指しています。

 

 

 

PHAGY(ファジー)の名前の由来

PHAGY(ファジー)は私の地元にあった小さな古着屋さんの名前です。

今はもう無くなりましたが、ご縁があって元オーナーから名前を借りて活動しています。

PHAGYのキービジュアルとなる上のポスターは、当時の古着屋PHAGYの看板のイメージをそのままに復刻し、リメイクしたデザインとなっております。

 

 

私は高校3年生まで特にやりたいこともなく適当に就職しようと人生舐めていました。

ある日偶然立ち寄ったPHAGYでめちゃくちゃカッコいい1枚のポスターと出会い、「あ、私デザイナーさんになりたい」と体に電撃が走り、デザインの専門学校に通うことを決意しました。

 

 

その後は、晴れてアパレルのグラフィックデザイナーとして約12年間勤務。

2022年の5月に会社を退職し、フリーランスのグラフィックデザイナーとして活動を始めます。

それと同時に、私はNFTに参入しました。

 

 

私の人生を大きく変えてくれた1枚のポスターと「PHAGY」という名前に誇りを持ち、「自分自身も誰かに影響を与える仕事がしたい。私と同じように夢を追うクリエイターさんの応援をしたい」という強い思いがあります。

 

 

 

 


「NFTクリエイターとして生きる」

突然のコロナ騒動から、初めての緊急事態宣言により、勤めていた会社の店舗も休業せざる得ない状況に陥り、時間を持て余した私はこの機会に何かできないかと、「PHAGY ONLINE STORE」という名前で自身のオリジナルグラフィックを作成し、鳴かず飛ばずの売上でしたが、Tシャツの受注販売オンラインストアを運営しておりました。

 

アパレルで10年以上在籍していた経験を活かし、NFT×FASHION×CREATIVEをテーマに、自分の原点である「PHAGY」という名前でNFTの活動を広げていきたいと考えています。

 

現在は個人クリエイターとして活動していますが、私一人では限界がある為、チームPHAGYを結成し、よりNFT事業に力を入れていきたいと考えております。※現在は相棒のねじーさんにサポートして頂きPHAGYの運営を二人で進めております。

 

 



ジェネラティブへのチャレンジ」

まずはジェネラティブコレクションにチャレンジし、不安定なフリーランスの事業資金と生活資金を調達させて頂きます。それを実現する為に、現在は4つのコレクションを運営しながらNFTクリエイターとしての認知拡大を進めています。

 
「家族を幸せにする事」が私の人生の最優先事項です。私の生き甲斐であるクリエイティブ活動が、そのまま事業となるNFTをメインとし、更にNFTの可能性にチャレンジしていきたいと考えています。やってみたい事やアイディアが毎日のように湧き出てきます。

 

ジェネの完売を達成することで得た収益は、税金を差し引いて半年〜1年間安定してNFT事業を継続する活動資金と、相棒へのお礼にまずは充てさせて頂きたいと考えています。

 

有り余るお金を稼ぐことは金銭感覚が麻痺してしまう気がするので、PHAGYをよりパワーアップさせる為に、新規事業広告宣伝費・フィジカルのイベント企画・チームへの報酬など有効活用していきたいと考えています。

 

私は会社に属さないフリーランスの為、NFTをメインの事業として家族を養うには、最低限の活動資金が無いと、仮想通貨の変動にも左右される不安定なNFT活動を継続していくことは難しいので、まずは腰を据えてNFTにもっと時間を使えるように準備する事が、私のNFT活動の第一目標です。

 



「NFTを楽しみ、互いにリスペクト、共創し合えるコミュニティを創る」

NFTの楽しみ方は本当に人それぞれだと考えております。 クリエイターさんもいれば、コレクターさんもいれば、投資目的として楽しむ方も私は全て歓迎したいです。多様な人々がNFTの楽しさを共有しあえる場所を創ります。

 

お互いをリスペクトしながら、クリエイティブなアイディアやプロジェクトが「PHAGY Discord」から生まれていくことを応援していきます。

 

 

 
「ジェネ完売がスタートライン」

ジェネの収益を得てNFT活動からドロップアウトするわけもなく、そこからが私のNFT事業のスタートラインと考えております。より一層NFT活動に腰を据えてコミットする為とご理解頂けると幸いです。  

 

今後の展開として、PHAGYコレクションの強化・新規事業・NFTクリエイターとしての活動・クリエイターがNFT活動を仕事として取り組めるよう運営のサポートにチャレンジしていきたいと考えています。

 

PFPのNFTコレクション以外にも、写真や音楽、動画やチケットなどNFTアート以外の分野にも目を向けて新規事業にチャレンジしていきます。

 

また、この業界を盛り上げる為に、NFTに馴染みのない方にNFTの魅力や、NFTクリエイターとしての活動の仕方や楽しさを発信しながら新規参入者を増やしていくことも同時進行で事業として取り組みたいと思います。

 

家族を守る為に事業として最低限の収益を上げていかないといけませんが、私は一生クリエイティブしてないと生きていけない人間なので、命ある限り新しいチャレンジを続けていきます。

 

 


「PHAGY」

万が一、NFTやweb3が衰退したとしても「PHAGY」というブランドは私の人生を変えてくれた宝物なので、一生大切にしていくことをここに誓います。

 

 

 

【PHAGY NFT LINK】

【PHAGY ZOMBIES】

https://opensea.io/collection/phagy-zombies

 

 

 

【PHAGY PEOPLE】
https://opensea.io/collection/phagy



 

 

 

【PHAGY NINJA】
https://opensea.io/collection/phagyninja

 

 

【PHAGY PROTO TYPE】
https://opensea.io/collection/phagyproto