coincheck RSS



Coincheck(コインチェック)のすゝめ

   初めまして。私はPHAGYという名前でNFT活動をしているフリーランスのグラフィックデザイナーです^^   この記事に辿り着いて頂きありがとうございます。私は今年の5月より暗号資産取引を始めました。主にNFTクリエイターとしての活動しています。   暗号資産取引を始めるには、取引所に登録を行います。 この記事ではCoincheck(コインチェック)の始め方を紹介させて頂きます。   「はじめての暗号資産はコインチェック」      Coincheckって何? Coincheckは、金融庁登録済の暗号資産交換業者であるコインチェック株式会社が運営している暗号資産取引所です。コインチェック株式会社のもとになったレジュプレス株式会社は、2012年8月に設立され、2014年8月からCoincheckの提供が始まりました。 暗号資産取引所では、ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の購入や売買、送金などのサービスを受けることができます。なお、Coincheckでは暗号資産の取引だけではなく、最大年率5%の貸暗号資産サービスや、ビットコインの決済サービス、暗号資産積立サービスなど、様々なサービスを利用することもできます。       Coincheckが選ばれる理由 ダウンロード数がNo.1取り扱い通貨数国内最大級 取引所の取引手数料無料 500円からビットコインが買える     スマホで最短1日!取り引き開始までの3ステップ ①アカウント登録 ②スマホで本人確認 スマホを使って会員登録をします。   ③最短1日で取引開始! 基本情報登録と本人確認書類を提出します。 本人確認書類の提出から最短1日で審査が完了。       更に詳しく解説!Coincheckの登録方法 Coincheckで暗号資産を購入するためには、まず取引用の口座を開設する必要があります。 Coincheckでは、以下の2ステップで簡単に口座開設ができます。    1.アカウント登録をする 2.本人確認を行う   口座開設はスマートフォンのアプリまたはパソコンのブラウザから行うことができます。     1. アカウント登録 (1)Coincheckアプリにログイン後、画面下の「会員登録」をタップします。 (2)メールアドレスを入力し、「次へ」をタップします。 (3)パスワードを入力し、「登録」をタップします。 パスワードは半角アルファベット、数字、記号を組み合わせて入力します。 (4)登録したメールアドレス宛にメールが送信されます。 メールに記載されたリンクを押し、メールアドレスが正しいことが確認されたら、アカウント登録は完了となります。   2. 本人確認 (5)メールアドレスとパスワードの登録が完了した後は、本人確認を行います。 (6)口座開設条件をご確認いただき「次へ」をタップします。 居住国が日本 20歳以上74歳以下 (7)次に各種重要事項をご確認いただきます。問題なければ「同意」をタップ。 (8)電話番号を入力し「次へ」をタップ。届いたSMS(ショートメッセージ)に表示の6桁の番号を入力してください。(口座開設後もセキュリティ機能としてこの電話番号のSMSを利用します)   必要情報入力 (9)お名前、ご住所、その他の基本情報をご入力いただき「次へ」をタップします。ご入力項目は複数ございます。全てご入力ください。   本人確認書類の提出 (10)運転免許証などの本人確認書類を選択してください。   <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 (11)現住所が記載されているかの確認画面です。 (12)次に本人確認書類の撮影を行い審査を申請します。 (13)審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。   Coincheckでは安全な取引のために、セキュリティ認証の強化としてSMSやGoogleの認証アプリ(Google Authenticator/iOS, Android)による二段階認証を採用しています。 登録の際にはハッキングの被害を防止するため、必ず二段階認証をしておきましょう。   Coincheck(コインチェック)に入金する方法 Coincheckでビットコインなどの暗号資産を購入するには、あらかじめ口座に日本円を入金しておく必要があります。 Coincheckでは、以下の3種類の入金が可能です。 銀行振込 コンビニ入金 クイック入金 (※コンビニ入金、クイック入金は現在一時停止しております。   また、Coincheckでは、アプリかWEB(ブラウザ)のどちらかで入金することができます。     以上、どうでしたか?登録から取引までCoincheckは非常に簡単に始めることができます。是非下のボタンから登録してみて下さいね^^それでは素敵な暗号資産ライフを。    

続きを読む



Coincheck(コインチェック)の登録方法

  初めまして。私はPHAGYという名前でNFT活動をしているフリーランスのグラフィックデザイナーです^^   この記事に辿り着いて頂きありがとうございます。私は今年の5月より暗号資産取引を始めました。主にNFTクリエイターとしての活動しています。   この記事ではCoincheckの始め方をわかりやすく解説しています。 是非ブックマークしてご確認下さい。       徹底解説!Coincheckの登録方法   Coincheckで暗号資産を購入するためには、まず取引用の口座を開設する必要があります。 Coincheckでは、以下の2ステップで簡単に口座開設ができます。    1.アカウント登録をする 2.本人確認を行う   口座開設はスマートフォンのアプリまたはパソコンのブラウザから行うことができます。     1. アカウント登録 (1)Coincheckアプリにログイン後、画面下の「会員登録」をタップします。 (2)メールアドレスを入力し、「次へ」をタップします。 (3)パスワードを入力し、「登録」をタップします。 パスワードは半角アルファベット、数字、記号を組み合わせて入力します。 (4)登録したメールアドレス宛にメールが送信されます。 メールに記載されたリンクを押し、メールアドレスが正しいことが確認されたら、アカウント登録は完了となります。   2. 本人確認 (5)メールアドレスとパスワードの登録が完了した後は、本人確認を行います。 (6)口座開設条件をご確認いただき「次へ」をタップします。 居住国が日本 20歳以上74歳以下 (7)次に各種重要事項をご確認いただきます。問題なければ「同意」をタップ。 (8)電話番号を入力し「次へ」をタップ。届いたSMS(ショートメッセージ)に表示の6桁の番号を入力してください。(口座開設後もセキュリティ機能としてこの電話番号のSMSを利用します)   必要情報入力 (9)お名前、ご住所、その他の基本情報をご入力いただき「次へ」をタップします。ご入力項目は複数ございます。全てご入力ください。   本人確認書類の提出 (10)運転免許証などの本人確認書類を選択してください。   <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 (11)現住所が記載されているかの確認画面です。 (12)次に本人確認書類の撮影を行い審査を申請します。 (13)審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。   Coincheckでは安全な取引のために、セキュリティ認証の強化としてSMSやGoogleの認証アプリ(Google Authenticator/iOS, Android)による二段階認証を採用しています。 登録の際にはハッキングの被害を防止するため、必ず二段階認証をしておきましょう。   Coincheck(コインチェック)に入金する方法 Coincheckでビットコインなどの暗号資産を購入するには、あらかじめ口座に日本円を入金しておく必要があります。 Coincheckでは、以下の3種類の入金が可能です。 銀行振込 コンビニ入金 クイック入金 また、Coincheckでは、アプリかWEB(ブラウザ)のどちらかで入金することができます。    

続きを読む



Coincheck(コインチェック)を選ぶ6つのメリット

「なぜCoincheckがおすすめなのか?」   初めまして。私はPHAGYという名前でNFT活動をしているフリーランスのグラフィックデザイナーです^^   この記事に辿り着いて頂きありがとうございます。私は今年の5月より暗号資産取引を始めました。主にNFTクリエイターとしての活動しています。   この記事では数ある暗号資産取引所の中から、Coincheckをオススメしたい6つのメリットをお伝えします。     メリット1:初心者でも使いやすい   Coincheckは、初心者でも使いやすい暗号資産取引所との高い評価を得ています。初心者でも使いやすい理由の1つは、チャート画面や取引画面が見やすいことでしょう。 以前より「日本で一番簡単にビットコイン(BTC)を買える取引所」を掲げていたこともあり、操作方法がわからないはじめての人でも容易に操作できるデザインになっています。     メリット2:取り扱い暗号資産の種類が多い     Coincheckは国内の取引所の中でも暗号資産の取り扱い種類が多いのが特徴です。 代表的なビットコイン(BTC)のほか、「ETH」「ETC」「LSK」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」「OMG」「PLT」「SAND」の17種類の暗号資産を取り扱っています。     メリット3:スマホアプリが便利 Coincheckは使いやすいスマホアプリを提供しています。アプリではチャートや時価評価額の確認だけでなく、日本円の入出金、暗号資産の購入や売却、受け取りと送金ができます。 スマホがあれば一通りCoincheckの機能を利用することができます。また、総資産画面やチャート画面が見やすく、ウィジェット機能やプッシュ通知機能があるため、いつでもどこでもタイミングを逃すことなく暗号資産の取引が可能な点も魅力となっています。   メリット4:最大年率5%の貸暗号資産サービス   Coincheckには保有している暗号資産を、Coincheckに貸し出すことのできる貸暗号資産サービスがあります。 貸暗号資産サービスでは、Coincheckにコインを預け、一定の期間が満了すると利用料が付いて戻ってきます。貸出期間は14日間、30日間、90日間、360日間の中から選ぶことができます。 貸暗号資産サービスで10種類の暗号資産を貸し出すことができ、4種類の貸出期間を選ぶことができるのは、日本国内の取引所ではCoincheckのみです。貸暗号資産サービスは、暗号資産の長期保有を考えているユーザーから選ばれているサービスです(2019年6月時点)。   メリット5:日本円から暗号資産を直接購入できる   取扱通貨のすべてを日本円から直接購入できるのは、Coincheckを利用するメリットの一つです。暗号資産の取引所の中には、暗号資産の種類によっては、ビットコイン(BTC)でしか購入できないこともあります。 例えばビットコイン(BTC)でしかアルトコインを購入できないと、日本円からビットコイン(BTC)を購入する際とビットコイン(BTC)からアルトコインに購入する際の2回手数料が発生し、必要のない取引手数料を払うことになってしまいます。 その点、Coincheckならすべての通貨を日本円あるいはビットコイン(BTC)で直接購入することができるため、手間を省いてすぐに購入できる使い勝手の良さがあります。   メリット6:電気代をお得にできる   Coincheckでんきには、電気代をビットコインで(BTC)支払うことのできる「ビットコイン決済」と、ビットコイン(BTC)をもらえる「ビットコイン付与」の2つのプランがあります。 ビットコイン決済プランは、既存の電力サービスより1〜7%電気料金がお得になり、ビットコイン付与プランは、電気料金の1〜7%がビットコイン(BTC)として貯まります。 そのためCoincheckでんきは、電気代をお得にできるサービスであるといえるでしょう。なお、Coincheckでんきの供給エリアは北陸、四国、沖縄、離島以外の日本全国で、供給エリアは順次拡大を続けています。   以上、Coincheckで暗号資産を始める6つのメリットでした。Coincheckの登録方法について詳しくはコチラの記事をご覧下さい^^ https://www.phagy.online/blogs/coincheck/start     

続きを読む